高齢化社会を救う若者

昨今においては、ニートと呼ばれる人の話題が大きく取り上げられており、多くの人の関心事になっているという現実があります。一般的にいえば、ニートとは、社会人になっていなければいけない年齢にありながら、何らかの事情により、自宅にこもってしまっているという状態の人のことをいいます。きちんとした定義があるわけではないですが、基本的には、比較的若い世代の人を指し示す言葉になっているようです。日本においても、学歴は関係ないとはいいながらも、相変わらずの学歴社会が続いているとされ、最終学歴によって、採用不採用を決めるといった企業も多いとされています。そんな中において、中卒や高卒だからということを理由に、就職をあきらめてしまうといった若者の動きがみられるといわれており、不安視されています。むろん、各学校にいる就職担当者たちは、社会に出て、働くことの大切さを教えるとともに、実際に就職先を見つけるなどのサポートをしていることはいうまでもないことです。しかしながら、当の本人が、中卒や高卒であることをネガティブにとらえてしまうという事態が起こってしまっているのです。日本においては、少子高齢化の波が押し寄せてきており、生産労働人口の減少が課題になっています。ニートの存在は、一人の若者がバイトもしないで、自宅にこもっているという単純な問題では済まされなくなってきているのです。若手の労働力が欲しい日本の雇用の現場にとっても重要な関心事項といえるでしょう。